next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

アートフェア東京2018出展のご案内

 

 

やっぱり寒いなと手袋をし、マフラーで首元をしっかりと暖める日々、心なしか柔らかな陽だまりから春の兆しを想うころとなりました。

 

寒さがゆるんでくると何処かへお出かけしたくなるころ、なんだかワクワクとするイベント、アートフェア東京の季節がやってまいりました。古今東西、昨年と比べると海外のギャラリーも多くみられ、ますます国境を超えたアートを観ることができます。「Art is Life」をテーマに、日々の生活の中にアートがある楽しさを体感し、アートを手に入れられるまたとない機会。

 

今年は、アルテクラシカの原点に還り、江戸時代の抹茶茶碗を携えて出展いたします。
300年400年を経て今なお、いきいきとした表情で私たちを魅了する古美術品の奥深さを、少しでも体感していただければと思います。茶碗ともども、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

茶碗の想い

吾輩は茶碗である。
伝来は特にない。
誰が持っていたか、
とんと見当がつかぬ。
だが、今、不明なだけである。
江戸時代から今日まで
無事に生き延びた。
人から人へ大切に
愛玩され続けた故にである。

「茶碗を持つ」とは、
愛玩してきた持主の
心を受け継ぐことである。

どうだい、貴君も
吾輩を愛でてみないかね?

アートフェア東京2018

2018.3.9(fri.)- 11(sun.)
9日(金) 11:00 – 20:00
10日(土)11:00 – 20:00
11日(日)11:00 – 17:00

東京国際フォーラムB2F 展示ホール
ブースNo. N62

Arte Classica アルテクラシカ 展覧会

 

 

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております