next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

金継ぎ茶碗プロジェクト 

 

今や世界で最もエッジーな器、「金継ぎ」。
欧米のVIP方にはwabi sabiの代名詞の如く、すでに浸透しています。
かつて先人たちはこの素晴らしい技術「金継ぎ」を駆使して、陶片をパズルのように合わせて茶碗に仕立てることに熱中したそうです。
容易でないこのプロセスを経て完成した茶碗を「ヨビツギ茶碗」と言います。
ヨビツギ茶碗には先人たちの美意識と思い入れが詰まっているのです。
アルテクラシカではこの先人たちの感性を後世につなぐプロジェクトをスタートいたします。

 

 

詳細のご案内

 

 

国内外のお客様から「金継ぎ」という言葉を頻繁に耳にするようになった昨今。

 

いにしえの茶碗にも、金継ぎされたものが数多く残されています。
金継ぎは、モノに魅了された先人の愛情の証。
愛着ゆえに継がれたその景色は、今日では芸術的鑑賞の対象として脚光を浴びています。

アルテクラシカは、長年愛玩されてきた江戸時代の金継ぎ茶碗で一服いただく喫茶イベントを開催致します。
金で継ぎ、モノを後世に託した先人に想いを馳せながらの一服、一興です。

 

 

 

「金継ぎ茶碗プロジェクト VOL.1 case of ヨビツギ刷毛目」

 

 

開催日時 2月4日(火)・11日(火・祝)・15日(土)
開催時間 13:00〜18:00
参加費 3,300円(税込)
予約制となっておりますので、ご希望の日時をメール(info@arteclassica.jp)もしくはお電話(03-3499-6696)にてお知らせください。

空席のある場合には、当日のご参加も可能です。

 

 

皆さまのご参加を、茶碗が心よりお待ちしております。

 

 

鯉江良二ミニコレクション展開催のお知らせ

 

「この世に生を受けた物だから、その全てを世に出す。」

 

鯉江良二さんは作品をぼつにしないらしい。。。
例え不出来でも我が子にはかわりはないと言わんばかりだ。
自らの作品へのこの美しい思いに強く胸を打たれた。
作品の魅力の真の根源はこれだったのか、と。

 

店主石黒が、作風と人柄の両方に魅了されて集めた、鯉江茶碗。
たった5碗の、ミニコレクション展。

 

皆さんにこの魅力をどうしても知っていただきたい。
ゴールデンウィーク特別企画。
貴方も必ずや鯉江ファンの仲間入りです。

 

店主 石黒宏一郎

 

 

「鯉江良二ミニコレクション展」

 

会期:4月27日(土)〜 5月12日(日)

*GW中は全日営業、5/7(火)・9(木)・10(金)休業
時間:12:00〜19:00
場所:アルテクラシカ
東京都港区南青山6-1-6 パレス青山1F

 

鯉江良二 簡単プロフィール
1938年生まれ。現在、常滑にアトリエを構える。
陶芸における決まり事や既成概念にとらわれない自由な発想から生まれる独特の作風は、他に類を見ない。日本はもとより、海外でも評価が高い。

 

 

Selected Art Fair「蒐集衆商」出展のご案内

 

リーンリンと響く虫の音が心地よい頃となりました。

 

日ごと、装いも秋色深まり、外へお出かけしたくなるころ。そんな時期にぴったりのイベント、Selected Art Fair2018「蒐集衆商」が青山にあるスパイラルで開催されます。

 

コンテンポラリーアートからヴィンテージ北欧家具など出展ギャラリーの分野は幅広く、絵画や彫刻工芸など選りすぐりの様々な美術品が一堂に会する、またとない機会。会期中、原宿、青山、表参道エリアのカフェやショップがアートの展示会場となる「青参道アートフェア」も開催されているので、芸術の秋をお散歩がてら堪能し、新たなるアートの風を自身の中に取り入れるのも良いですね。

 

アルテクラシカは、「蒐集衆商」(スパイラル)にて、後期10月25日(木)〜28日(日)に出展いたします。出展期間中、店舗は臨時休業とさせていただきますのでご注意ください。

 

 

 

Selected Art Fair2018「蒐集衆商」

 

前期:2018年10月20日(土)- 22日(月)
後期:2018年10月25日(木)- 28日(日)
*23日、24日は入替えの為クローズ
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)東京都港区南青山5-6-23
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅B1.B3出口すぐ
時間:11:00-20:00
入場無料

 

アルテクラシカ(後期出展)ブースNo.5

 

 

 

企画展のご案内

 

春の気配をそこかしこから感じるころとりました。

 

こんにちは、アルテクラシカ店長の荒木香奈です。

 

アートフェア東京2018終了後、アルテクラシカにて、陶芸家清水久嗣氏の茶碗展が開催されます。

 

かつて江戸時代初頭に朝鮮半島で盛んに焼かれた茶碗が高麗茶碗。それは、日本人の美意識により取り上げられ、その後注文もされました。しかし、その高麗茶碗の釉薬の調合や粘土の質、焼成方法など資料が残っているものはありません。その失われたレシピを追って、当時の高麗茶碗の忠実な再現に挑む陶芸家がいます。それが、清水久嗣(しみずひさし)氏です。父日呂志氏に師事し、韓国各地を歩き研鑽。その後、日本と韓国に窯を構え、高麗物へと近づけるべく作陶しています。

 

 

失われたレシピを想いながら、清水さんの茶碗を辿るのも良いものですね。

 

清水久嗣さんは、14日(水)15日(木)16日(金)在廊されます。

 

是非とも、ご高覧ください。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

– The Lost Recipe 〜失われたレシピを求めて〜

 

2018年3月14日(水)ー 25日(日)12:00-19:00

会期中は通常通り月火定休となります

 

抹茶茶碗 ArteClassica アルテクラシカ 展覧会

 

 

アートフェア東京2018出展のご案内

 

 

やっぱり寒いなと手袋をし、マフラーで首元をしっかりと暖める日々、心なしか柔らかな陽だまりから春の兆しを想うころとなりました。

 

寒さがゆるんでくると何処かへお出かけしたくなるころ、なんだかワクワクとするイベント、アートフェア東京の季節がやってまいりました。古今東西、昨年と比べると海外のギャラリーも多くみられ、ますます国境を超えたアートを観ることができます。「Art is Life」をテーマに、日々の生活の中にアートがある楽しさを体感し、アートを手に入れられるまたとない機会。

 

今年は、アルテクラシカの原点に還り、江戸時代の抹茶茶碗を携えて出展いたします。
300年400年を経て今なお、いきいきとした表情で私たちを魅了する古美術品の奥深さを、少しでも体感していただければと思います。茶碗ともども、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

茶碗の想い

吾輩は茶碗である。
伝来は特にない。
誰が持っていたか、
とんと見当がつかぬ。
だが、今、不明なだけである。
江戸時代から今日まで
無事に生き延びた。
人から人へ大切に
愛玩され続けた故にである。

「茶碗を持つ」とは、
愛玩してきた持主の
心を受け継ぐことである。

どうだい、貴君も
吾輩を愛でてみないかね?

アートフェア東京2018

2018.3.9(fri.)- 11(sun.)
9日(金) 11:00 – 20:00
10日(土)11:00 – 20:00
11日(日)11:00 – 17:00

東京国際フォーラムB2F 展示ホール
ブースNo. N62

Arte Classica アルテクラシカ 展覧会

 

 

アジアカラートレンドブック2018-2019

 

清々しい青空に、キリッと冷たい風が心地よい頃。

 

昨年、DICカラーデザイン株式会社が発刊する、世界唯一のアジアを起点としたデザイントレンドブック「アジアカラートレンドブック2018-2019」にアルテクラシカと新進作家とのコラボレーション作品をご紹介いただきました。こちらは、日本や中国を中心としたアジア全域の文化やクリエイションにフォーカスし、様々な分野の素材や色彩、最新のアート、デザイン、テクノロジーの動向を捉えた総合的な内容の本です。

 

ここ数年、様々な情報が時差なく世界中から取り入れられたり、発信できたり、自由だからこそ自らの居る国のアイデンティティをより意識することが今まで以上に多くなったような気がいたします。

アジアというくくりの中でも、それぞれの国や地域の気候や食べる物、文化や今まで構築されてきた時間が異なるからこそ、見えてくる創造性や表現の違いが熱量となって伝わってくるもの。そんなアジアを本で辿ることも面白いですね。

 

アジアカラートレンドブック表紙

 

アルテクラシカ掲載文

 

 

休日の過ごし方

 

日ごと緑が満ちあふれ、深みを増すころとなりました。
こんにちは、アルテクラシカ店長の荒木香奈です。

 

 

爽やかな風が心地よくて、ついついお出かけをしたくなる陽気。

 

今日はどこへ行こうかな〜、と色々な用事を片付けている間に、なんとなく一日が終わってしまうことありませんか?

 

そんな時に、様々な分野のイベントや休日の過ごし方、新しいお店の情報などが沢山つまった雑誌「Pen」のサイトを覗いてみると、早速お出かけしたくなり、なんだかワクワクとしてきます。

 

 

そんな素敵な情報サイトに、アルテクラシカで開催中の「Invitation to MATCHA LIFE」をご紹介いただきました。

現在根津美術館は、展示替えで休館中ですが、近くには岡本太郎記念館や、秋山庄太郎写真芸術館もございますので、ふらりと青山散歩もよいものですね。

 

 

その際は、是非アルテクラシカにもお立ち寄り下さい。
作品共々、心よりお待ちしております。

 

 

 

無印良品有楽町店でのイベントのお知らせ

 

 

どこからともなく漂ってくる梅の香りから、春の訪れを感じるころとなりました。
そんな寒さの和らぐころに、抹茶を楽しんでみませんか?

 

 

この度、無印良品有楽町店にて「抹茶に親しむ会」を開催することとなりました。
抹茶をより身近に、より気軽に楽しんでいただけるよう、店主石黒の説明のもと、実際に抹茶を点てるという参加型のイベント。

 

有楽町店は、昨年リニューアルの後、「MUJI BOOKS」が大きくなり、様々な分野の選りすぐりの書籍を辿りながら、無印良品の商品を手に取ることが出来、さらに生活に密接に響いてくる空間となっております。そして、毎週土日に楽しそうなイベントやワークショップが開催されていて、何度でも足を運びたくなるものばかり。そんな心躍るお店で「抹茶に親しむ会」が3月5日(土)13時からと16時から、2回に分けて開催されます。

 

 

お申し込みは、無印良品有楽町店へ電話もしくは直接店頭にてお願いいたします。
詳細は、無印良品のイベント情報をご覧下さい。

 

 

ワイワイと賑やかに、皆さんと春の訪れを分かち合いつつ、楽しめればと思います。

オーナー共々、心よりお待ちしております。

 

代官山蔦屋書店にてイベント開催

 

 

青空に向かって緑の手をいっぱいに広げるイチョウの葉から、初夏の風を感じるころとなりました。こんにちは、アルテクラシカ店長の荒木香奈です。

 

 

前回のブログ「工芸青花2号が届きました」でご紹介した「工芸青花」の2号発刊記念イベントとして「抹茶に親しむ会」を代官山蔦屋書店2FAnjinにて開催することとなりました。

 

以前よりアルテクラシカで開催している「抹茶に親しむ会」。日々の生活のなかで、コーヒー紅茶と同じように、抹茶を美味しくたしなむ方法を、店主石黒が案内役となり、参加者の皆さんが実際に抹茶を点てます。

 

本が沢山並んだ書斎のような空間、Anjinでいただく抹茶は、どんなおもむきを感じるのでしょう。
ご興味がございましたら、是非一緒に茶筅を振ってみませんか?

 

 

お申し込みは、代官山蔦屋書店にて承っています。
詳しくは「DAIKANYAMA T-SITE」まで。

 

 

 

 

アートフェア東京2015出展のお知らせ

 

 

柔らかな陽だまりに身をよせ、なんとはなしに匂う春を深呼吸したくなるころとなりましたね。アルテクラシカ店長の荒木香奈です。

 

 

さてこの度、アルテクラシカは古美術から現代アート様々な時間軸を持った国内外のギャラリーが一堂に会する「アートフェア東京2015」に出展いたします。

 

 

今年は「王様達のTea Bowls 〜Ryota Aoki × arte classica〜」というタイトルで、これまでに見たことのない彩り豊かな色彩をまとった抹茶茶碗、特別企画として茶碗のミニチュア版盃がずらりと並びます。

青木良太が2年の研究を重ねて、ようやく完成させた陶器製「金のワイングラス」をもとに、宇宙を感じる色や、大地を感じる色を展開している「王様達のワイングラス」。そんな美しい彩りを使って、古美術商アルテクラシカとのコラボレーションにより、陶芸王国の王様や王妃様達が使うことをイメージした抹茶茶碗「王様達のTea Bowls」を発表いたします。

 

 

ブースNo.N40にて、茶碗共々みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

心おどる青木良太のファンタジーの世界を、是非ご高覧ください。

今企画は、アートフェア東京に引き続き下記期間、アルテクラシカでも開催いたします。

 

 

・アートフェア東京2015

会期:
3月20日(金) 11:00〜21:00

3月21日(土) 11:00〜20:00

3月22日(日) 10:30〜17:00

会場:東京国際フォーラム B2F 展示ホール

ブースNo.:N40

 

 

・arte classica

会期:3月28日(土)〜4月26日(日) 12:00〜19:00 *会期中月火休み

会場:arte classica

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ 展覧会

 

 

 

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております