next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

マイ木札

 

緊急事態宣言の延長が発表され、もう暫く辛抱の日々。
今日までの自粛が無駄にならないために、今一度気を引き締めて、根気よく行きたいですね。

 

さて、stay homeが続き、色々ストレスも溜まりますが、
こんな機会にこそ時間が生まれ、
長年手付かずの家内事業(?)に着手出来ている方、多いのではないでしょうか❓
先日あるコレクターに陣中見舞いの連絡を入れた所、国民としての協力を果たすべく、

すっかりインドアライフとの事。
さぞかしお暇かと思いきや、長年放置してきた家内事業に着手し、

結構充実なさっているらしい。
何でも、ご自慢のコレクションの『出す、眺める、しまう』を繰り返しているらしく、
その際に、全ての品にマイ木札を付ける作業に勤しんでいるとのこと。
古美術の世界では、中身以上に(?笑)伝来を重視する傾向もあり、
よく『この木札はどこどこの家のだ』などとか言っている、あれ。
これには、木札を見ればいちいち開けなくても分かるメリットもあるが、
実は自分が所有していた痕跡を残そうという意味のような気がする。
一種のマーキングとでも言おうか。
過去のコレクターの木札の中には、材質を吟味した上に凝ったデザインで
わざわざ指物師にオーダーしている傑作もあるくらいだ。
木札も立派な次第の一部なのである。

 

さて、ここまで話したら何か傑作をお見せしたい所だが、
今、ちょうど気の利いた持ち合わせがない・・・😅。
そこで、代わりにと言っては何だが、僭越ながら亡き父の木札をちょっと。
以前お客様に納めてあった品が戻ってきて、再度お客様の所に旅立つ際に、
記念に外して手元に残した物だ。
この木札はこの品に確かに父が携わったという証である。
何とも感慨深いものだ。

 

皆様も後世に備え、マイ木札、作ってみてはいかがだろうか❓
腕利きの指物師、紹介しますよ。

 

( I )

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

道しるべ

 

コロナ感染の緊張感どこ吹く風、キラキラと眩しい新緑から、日ごと深くなる樹々に、
季節の移ろいを感じる頃になりました。
緊急事態宣言がさらに5月末まで延長される事となり、
アルテクラシカも今暫く辛抱の日が続きそうです。

 

 

さて、東京は引き続きstay home な状況ですが、
感染防止策を徹底することを前提に、美術館や博物館など一部の公共施設の再開には
一筋の光がさして来たようです。

 

 

今回、世界85の国の近現代美術館に関わる専門家560名以上によって構成されている団体

「国際美術館会議(CIMAM)」が、新型コロナウィルス対策として注意すべき項目を公開しました。

 

私たち来館者も心得として知っておくべきこと、

再開された暁には協力できることがあるのではないかと思い、

記事をシェアいたします。
またこれらはアルテクラシカが再開にあたって心掛けるべき道しるべその物。
対策項目を熟読してしっかりマスターしなくてはなりません。

【美術館が注意すべき20の項目】

 

 

美を感じることが、心の栄養である私にとっては、嬉しいニュースでもあり、
ほんの少しずつでも、道の先に光が見えてくるということは、希望を感じるものですね。
コロナと上手に付き合いながら、芸術文化活動を続ける。
アルテクラシカもその一端として力になれるように、知恵を絞るstayhomeです。

 

(A)

 

from U.S.A

ステイホームのゴールデンウィークもあっという間に最終日。
いかがお過ごしですか?
緊急事態宣言が延長になり、なかなか明るいニュースもありませんが、
今この瞬間にも大変な方がたくさんいるかと思えば、
落ち込んでなんかいられませんね。

 

 

自粛が緩和されたら何ができるか、今から予め考えてみたいもの✨

 

 

さてこんな中、アメリカのニューヨーク近代美術館(MOMA)が8種類のオンライン講座をcourseraで無料で公開しています!
とっても前向き、かつお洒落。

 

 

courseraはスタンフォード大学が始めた、世界各国の大学や企業から様々なことをオンラインで学べるサービスで、
現在はアメリカの有名大学の他に東京大学なども参加しています。
なんと無料!
MOMAのアートの講座は茶碗とは直接の関係はないものの、こういった取り組みが感染拡大で大変なはずのニューヨークから発信されることに
とても勇気をもらいます。

 

 

美意識を鍛えることは観察力が向上し、様々な判断能力や直感力を鍛えることにつながる、という研究*も。
これはアルテクラシカでもずっとお伝えしていることでもあります。
こんな時期だからこそ、です!

 

(*”Use of Fine Art to Enhance Visual Diagnostic Skills” ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエイション)

 

 

またedXというハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が共同で立ち上げたオンラインサービスもあり、
こちらにもアートはもちろん、ありとあらゆるオンラインのコースがあり、こんな機会に
集中して家で学ぶには最適です。
最新の科学やAIなどビジネスに役立つスキルの講座も満載。哲学や歴史もあります。
courseraedXも有料で証書もゲットできるとのこと。

 

 

 

どれも英語他の言語での発信なので、外国語の勉強も兼ねて、レッツトライ!
自粛が終わったら、ちょっと英語が得意になっていたりして😍

 

 

今回のウイルスの感染拡大で世界はすっかり様変わりし、今の生活は異常事態ではなく、
もはやニューノーマルになるかも、です。
これからの世界がどうなるかを見据え、
アルテクラシカも自粛臨時休業が終わって再開する時には、進化した姿で皆様にお会いできるように一同揃って頑張らねばなりません!

 

 

もうしばらくは、ステイホーム❤️😷❤️

 

(M)

 

 

online鑑賞 vol.2

 

皆さん、こんにちは。
先日、心の栄養補給のonline版についてご紹介致しましたが、
今回はstay homeの今だからこそ活用すべき、『online 読書』のご案内です。

 

古美術骨董の月刊誌「目の眼」が、5月号をなんと、『全ページ無料』で公開!
巻頭特集は「古唐津ノ茶碗」。
休業久しく、アルテクラシカで休眠中の茶碗たちが恋しい、今日この頃。
みんな元気かなぁなどと思いながらページをめくると、
奥高麗茶碗の代表格とも言われる名碗「深山路」が早速に登場。
湯を通す前、濃茶が入った時、清めた後の各々の姿がじっくりと見られます。
様々な所有者が大切に愛玩しつつ、時を重ねてきた記憶とともに、
それが味わいとなった釉肌は趣があるなぁ、
と思わず、画面を拡大して堪能。
清めた後の肌が何ともいえないしっとりとして艶やかで、土の表情に見入ってしまいました。

 

読み進めると「奥高麗茶碗は雑器だったのではないか」などという面白い見解も見られ、
通説とは異なる見方で視点を変えてみると、確かに、と頷かされたりもします。

 

なるほど💡が満載な月刊誌「目の眼」5月号
何気に『まえがき』もいつにもまして名文。
是非ご一読くださいませ。

 

(A)

 

栄養補給

 

皆さま、こんにちは。
緊急事態宣言発令から5日、stay home、social distance、ちゃんと実行してますか?

 

日ごと新型コロナウィルスの感染が拡大し、終息への道のりが厳しい状況のなか、
人々が集う文化施設や美術館、博物館などは、軒並み休館が続いております。

 

様々な展覧会を鑑賞し美術品を堪能することが何よりの楽しみである私としては、
アルテクラシカも休業中で、美しいものを渇望し続ける日々、日々。。。
普段、美術館へは実際に足を運んで行くのですが、それが叶わない今、
『そうだ、仮想空間行こう』
という事で、オンラインで美術館を訪ねてみることにしました。

 

まずは、GoogleArts&Cultureで東京国立博物館へ。
館内を歩くように常設展を辿れ、一つ一つの作品の解説も付いています。
全ての作品が網羅されているわけではありませんが、結構雰囲気、楽しめます。

 

休館中の今、美術館側も何かしら発信しようと様々に取り組んでいらっしゃいます。
例えば、ニコニコ美術館など、オンライン配信を使って、
展覧会や作品の魅力を紹介する取り組みをしている美術館もあります。
皆さんも、この機会に、是非お訪ね下さい❗

 

ウイルス終息の暁には、美術館を訪ね、美術品がリアルに並ぶ空間を体全体で感じ、
『心の栄養補給、目一杯したい』、
そんな希望を胸いっぱいに膨らませながら、
stay home & social distance 💡

 

(A)

 

準備万端

 

皆様、こんにちは。
無事にお過ごしでいらっしゃいますか❓
ついに緊急事態宣言が発令されましたね。
ついにって言うと何か緊張感がありますが、
実は私たちひとりひとりがすべき事は宣言前後で何も変わりません。
アルテクラシカでは宣言が出されるずいぶん前からstay homeを実施してきましたので、
これからしばらくも同じ日々を淡々と続けるだけです。

 

たくさんあった予定、仕事、楽しみにしていた約束、全部延期〜。
でも『中止』じゃなくて、『延期』なのです。
私たちは来たるべき終息の日、延期になったプランを実現できる日に向けて、
様々な準備を整え、活動再開に向けて準備万端を目指すべきです。
いろいろ制限されてストレスもたまります。
でも、この瞬間にも、世界中で莫大な数の方々がウイルスで苦しまれ、
医療従事者の方々が文字通り命をかけて働いてくださる現実を思えば、ぼやいてなんていられません!
ロックダウンしない日本を酷評する海外メディア。
ロックダウンしなくても、罰則なんか設けなくても、
心をひとつに行動すればこの難局も乗り切れる。
そんな日本人の底力、世界に見せつけたいですね👍
待ってろ、世界!

 

昨夜は満月。今夜も大きく輝く月を見上げましょう。
stay homeに加えて、social distanceも忘れずに!

❤️😷❤️

 

(A&M)

 

stay yourself

 

皆様、無事にお過ごしでいらっしゃいますでしょうか❓

 

かなり久しぶりのブログになってしまいましたが、
周知の通り、その間に世界中は大変な事になってしまいました。
アルテクラシカも3月27日から再び臨時休業に突入、
ひたすらstay homeな日々を送っています。

 

先日友人が以下のようにコメントしていました。
『ふと立ち止まると…何だろう、この時間に余裕がある感じ。ここ10年ばかり、
常に何かに追われていた日々から急に解放され、心に余裕がある…』

 

同じように感じている方、多いのではないでしょうか❓
でも一方で、医療崩壊を目前にして、ウイルスと日夜格闘して下さっている
医療関係者の方々の壮絶な現実を考えれば、
こんな風に思える事は至上の幸せに違いありません。

 

今、私たちが最優先にすべき事は、
『自分が既に感染保持者であるかも知れないという認識の下、
極力、人との接触を避け、とにかくstay homeする事』だけです。
そして、医療戦士の方々に感謝と応援を送りつつ、
こんな機会だからこそ、ゆっくり自分自身と向き合い、
ウイルス終息の暁に、改めて自分はどのように生きて行くべきかの
未来像を描く、そんな時間を過ごしてみたいものです。

 

stay home,stay yourself.

 

(I)

 

 

ザ・ヨビツギ

 

アルテクラシカの新企画
「金継ぎ茶碗プロジェクト」。3日間をおかげさまにて大好評のうちに終了致しました✨。

 

茶碗未体験の方もたくさんご来店くださり、
美しきいにしえの茶碗との対話をゆっくり楽しんでいただけたご様子。

 

最終日最終回に、この” 金継ぎ刷毛目茶碗 “ での一服を体験した10代女子大学生からは、
なぜか妙な緊張感…😁とのご感想。
古美術が放つ不思議なオーラを感じて頂けたみたいでした。
本物に触れるとは気持ちの保養ですね。

 

数多の茶碗が作られた中からほんの僅かの選ばれしが残り、
長い長い年月を大切に伝えられてきた茶碗たち。
一つ一つが袋に包まれ、箱に入り、その次第を見るだけでも愉しいものです。

 

お気に入りの一碗に接する喜びや掌に持つ幸福を皆さんに体験していただけ、

非常に濃密な空気感のアルテクラシカでした。

 

ご来店くださった皆様、心より御礼申し上げます。
引き続き、第2弾を企画中。
どうぞお楽しみに!

 

イベント後にメールで頂いた感想の一部、ご紹介致します。

 

「とても楽しかった!」S様
「違う世界を垣間見ることができた」M様
「楽しかった!またぜひ」A様
「いつかお気に入りの抹茶茶碗ゲットしたい!」Y様
「大きなヒントを得た」S様
「とても楽しかったし歴史を肌で感じた」M様
「幸せという言葉がぴったり」S様

「アルテクラシカの提案するポットでお茶をいただくひとときを目の前にしながら楽しみました。」F様

 

 

M

 

Arte Classica アルテクラシカ 抹茶茶碗

眼福で一服

 

皆さまこんにちは!

 

先日のブログでお知らせしました金継ぎ茶碗プロジェクト、昨日4日の午後の第1回目に
アルテクラシカ初来店のお客様がご参加くださいました。

 

「とにかくガラス越しでない茶碗たちに眼福!」との喜びのメールをさっそくいただきました。
金継ぎの面白い本物の茶碗でお茶を飲み、また店主の話が楽しく非常に刺激的な時間だった

とのお褒めの内容で、アルテクラシカ一同も嬉しく思っております。

 

お茶をなさらない方や、海外の方にも強烈アピールのこの茶碗。
先日Aがブログでご紹介したこちらの呼継ヨビツギ茶碗とはまた趣の違う、迫力ある茶碗です。

金で継いだ美しさ

 

来週2月11日建国記念日と15日土曜日のイベント、かなりお席が埋まっておりますが
まだ今なら少しご予約承れますので、

 

魅力的なこの茶碗がお嫁に行く前に、是非この機会に、ヨビツギ茶碗で一服、一福をお見逃しなく!

 

M

 

 

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております