next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

ぐるりと巡る旅

木々がさわやかな風にさわさわとゆれる音に夏を感じるようになりましたね。

 

Arte Classica店長の荒木香奈です。

 

本日は、時の流れを忘れてしまうくらいに景色を楽しめる、茶碗をぐるりとめぐる旅へとご案内したいと思います。

 

今回は山口県萩市周辺で焼かれている萩焼の茶碗をふたつご紹介いたします。
萩焼は、豊臣秀吉が朝鮮へ出兵した文禄・慶長の役(1592 – 1598)で、毛利輝元が朝鮮の陶工兄弟を伴って帰国し、開窯したのが始まりといわれております。その後、毛利家の御用窯として栄え、毛利輝元を始め、歴代藩主の茶の愛好が萩焼の発展に大きく影響を与えたと言われています。

 

まずは、萩胴紐茶碗(はぎどうひもちゃわん)。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

萩の土は浸透性があるため、使用するたびに茶が染みこみ、時間とともに風合いや色つやが刻まれていく変化を楽しむことができます。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

上から見ると口の部分が四角と丸が合わさったような動きのある形。光の当たり方で、やわらかくほんのりと赤みをおびた枇杷色に見えたりと、優しい心持ちの茶碗だなと眺めるたびに感じます。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

このように、高台に2カ所の切りこみが入っている状態を割高台(わりこうだい)と呼びます。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

こちらは、同じ萩でも、釉薬の表情や表面に入った貫入の模様が異なる萩井戸写茶碗(はぎいどうつしちゃわん)。井戸写というのは、朝鮮で焼かれた高麗茶碗の最高峰というわれる井戸茶碗の写しという意味です。井戸茶碗は、茶道における変化として室町時代のきらびやかで完璧な唐物(中国)中心から、侘び・寂びを感じる高麗物(朝鮮)へと変化する中で、おそらく先祖を祀る祭器として使われていたであろう素朴で大らかな雰囲気のものを、茶人が茶碗に見立てたものと言われています。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

こちらも、貫入の大小が二重奏となって静かなる躍動を感じる表情が趣深いです。

抹茶茶碗  ArteClassica アルテクラシカ

 

高台も表の静かなる表情の裏に秘める清楚なる動を感じます。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

以上、今回は萩焼への旅をご案内いたしましたが、いかがでしたでしょうか? 柔らかくやさしい感触の萩茶碗。素朴な中に気品を秘めた茶碗でいただくお茶は、まさに凛とする心地のよい緊張感が広げてくれるでしょう。

 

 

 

朝日焼で旅をしよう

 

朝日焼は、京都の茶どころである宇治の朝日山の麓で約400年ほど前から始まったものです。江戸時代前期の大名茶人小堀遠州(こぼりえんしゅう)の好みの茶入れや茶碗を作った全国津々浦々の7つの窯「遠州七窯(えんしゅうなながま)」のひとつに朝日焼が含まれています。

 

朝日焼小服茶碗(あさひやきこふくちゃわん)は、直径約11cm、高さ8cmと小ぶりで、陶工の技を感じる薄作りな茶碗です。

 

抹茶茶碗 Arte Classica  アルテクラシカ

抹茶茶碗 Arte Classica  アルテクラシカ

 

 

この茶碗の大きな魅力は、なんといっても細かなロクロ目です。ロクロ目とは、うつわを作る際に、指で粘土を引き上げて形を作り、ロクロの回転により指の痕が表面につくもので、装飾表現のひとつとです。この朝日焼小服茶碗はロクロ目が強く出ており、そのシンプルでうつくしい陰影が茶碗の表情になっています。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

胴の部分には勢いを感じる土肌を削ることにより景色となっております。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

 

上から見ると口の部分がやや楕円形で、茶碗の内側は、蛙がボチャンという音とともに池に飛び込んだ時に広がる水紋のよう。素朴な土肌に松尾芭蕉の俳句の世界観を感じてしまいます。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

この茶碗をつれて芭蕉の足跡をたどりながら、ときおり、抹茶で一服なんて旅も素敵なことですよね。タイミャンマーの漆器、蒟醤(きんま)の箱もついていますので、旅のお供にはなんだか絵になるなと夢想。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

 

ゴールデンウィークも過ぎ、お休みが一段落したところで、茶碗とともに心の旅へおでかけください。

 

 

 

 

華を感じる

連日、朝は晴れ間が見えていても、段々と泣き出しそうな空模様になり、夜には雨が降ったりとお天気屋さんなお天気が続いていて、お気に入りの傘が手放せない日々ですね。

こんにちは、Arte Classica店長の荒木香奈です。

 

 

 

先日、薩摩焼には、大きく黒もんと呼ばれる大衆用の日用雑器としてやかれていた陶器と、白もんと呼ばれる島津藩の御用窯として華やかな絵付けの色絵が施されたものと2つに分けられるというお話を、「漆黒にうかぶ山々」というタイトルで、黒薩摩茶碗をご紹介させていただきました。本日は、白もんと呼ばれる色絵薩摩茶碗をご紹介したいと思います。

 

直径 約10cm、高さ 約7.5cmの比較的小振りな茶碗となっており、白い土に細かな貫入(かんにゅう)が入っているのが特徴で、温かみのある白地の肌に赤、青、金などで秋草が描かれております。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ 黒薩摩茶碗

 

正面は、すすきや菊など秋草が豊かにまるで秋風を感じるようにゆったりとした様子が描かれております。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ 黒薩摩茶碗

 

その後ろには、桔梗と女郎花が可憐に咲いております。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ 黒薩摩茶碗

 

そして、風に揺れる秋草と秋草の間を蝶々がひらりひらりと戯れる様子が描かれていて、思わず微笑んでしまいます。

 

蝶よ花よと可愛がられていたお姫様が手まりで遊び、貝合わせをして楽しんだんだろうなという姿が目に浮かんでくるような、清らかで愛らしい茶碗です。

茶碗を眺めながら、頭に思い浮かぶ物語に思いを馳せるのも心地よいものなんですよね。

 

お向かいの根津美術館では尾形光琳(おがたこうりん)の傑作、根津美術館所蔵の国宝「燕子花図屏風」と、ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵の「八橋図屏風」2点がおよそ100年ぶりに再会し、一堂に観られる「KORIN展」が5月20日まで開催しております。お出かけの際にはぜひ、Arte Classicaにもお立ち寄りいただければと思います。

漆黒にうかぶ山々

 

こんにちは、Arte Classica店長の荒木香奈です。
あざやかな葉っぱの色が日に日に色濃くなっていく様子に、大地の豊かなエネルギーを感じる日々ですね。

先日、乾山焼立鶴茶碗(けんざんやきたちづるちゃわん)をご紹介いたしましたが、本日は、同じく黒い茶碗の黒薩摩茶碗(くろさつまちゃわん)をご紹介いたします。

薩摩焼は、文禄・慶長の役(1592〜1598)の際に当時の藩主島津義弘が、80名ほどの朝鮮の陶工を引き連れて帰国し、薩摩で開窯したのが始まりと言われています。大きく、黒もんと呼ばれる大衆用の日用雑器として焼かれていた陶器と、白もんと呼ばれる島津藩の御用窯として華やかな絵付けの色絵錦手(いろえにしきで)が施されたものとの2つに分けられます。

今回ご紹介いたします黒薩摩茶碗は、黒もんと呼ばれる茶碗で、大きさは直径約10cm高さ約8cmの少し小ぶりでなもので、形や土、釉薬の表情から1700年代中頃くらいと思われます。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

それでは、黒薩摩茶碗の素敵な景色を探す旅に出てみたいと思います。上の画像をご覧いただきますと、やや右にかしいでいるような気がいたしますが、横から見ますと、確かに少し前にお辞儀をしております。黒薩摩は、2、3種類の釉薬を掛け分けたり、重ね掛けをしたものが多く見られます。こちらは、茶碗の腰の部分がおそらく刷毛でなぞるようにぐるりと塗られ、オリーブグリーン色に近い釉薬の濃淡が動きを出し、その上から更に漆黒のたっぷりとした黒い釉薬が重ね掛けされています。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

 

茶碗の外側には、釉薬のかかっていない部分が窓のようです。そして、窓の下に柔らかくとろみを感じる釉薬のなだれが、今にもつつーっと落ちてきそうです。なだれというのは、厚めに釉薬を掛けて、しずくのように垂れ下がっているもので、景色として楽しめます。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

茶碗の内側にも釉薬のかかっていない窓がちらりちらりと見えます。黒といえども、朝昼、自然光の変化と照明の違いで深緑色や茶色に感じます。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

 

茶碗の裏を返してみますと、鉄分を多く含んだ素地が見られ、釉薬の色の変化を楽しむことができます。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

 

日が暮れて夜を迎える頃に黒薩摩茶碗を見ていると、限りなく詩的な絵画を観ているような気分になります。茶碗の腰の部分、オリーブグリーン色が山々の稜線のように浮かび上がり、風もなにもかもがピタリと静寂に包まれ、たっぷりとした黒釉が暗い闇となってゆっくりと降りてくる、まるで、山々が眠りについたような雰囲気を醸し出します。

こうして、茶碗の景色を眺めながら物語がひろがるのも、みる楽しさです。
茶碗に秘められた物語を実際にお手に取りに、ぜひArte Classicaまで足をお運びください。

 

茶碗を眺める

こんにちは、Arte Classica店長の荒木香奈です。

今日は、春から新緑の初夏へと移り行く季節の狭間を感じる春雨。この雨が生命力あふれる緑をもたらす恵みの雨なのだろうと思うと、心なしか晴れやかになります。こういう雨降りの日は、じっくりと茶碗を眺めてみたくなります。今回、ご紹介いたします茶碗は、乾山焼立鶴茶碗(けんざんやきたちづるちゃわん)です。 先日、出展いたしましたアートフェア東京2012で、茶碗の表情や手のぬくもりを感じる形に幅広い世代のお客様が、関心を持たれた茶碗でした。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

乾山焼というのは、尾形乾山(おがたけんざん)という江戸中期(1663~1743)の陶工が京都の鳴滝(なるたき)という、秋には紅葉で色づく嵐山の近くに窯を作り、その窯が京都の乾(北西)にあたることから、「乾山(けんざん)」という窯名となったようです。 尾形乾山(おがたけんざん)は、王朝時代の古典を学び、装飾性や大胆な構図が有名な紅白梅図屏風」や「燕子花図」などを描いた絵師、尾形光琳(おがたこうりん)の弟で、色絵陶器を完成し、京焼の祖とされる野々村仁清(ののむらにんせい)から陶技を学びました。

鳴滝に開窯後、「乾山」ブランドを確立すべく、京都市内の二条丁子屋町(現在の二条通寺町西入北側)に窯を移します。ここで多くの作品を残しており、晩年は江戸へ下り、主な創作活動を書画に移したようです。 乾山焼立鶴茶碗は、乾山(けんざん)の工房作品と思われ、高台の脇に「乾山」という文字が描かれています。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

大きさは、直径約10cm高さ約8cmで、手の中に包まれるような小ぶりの黒茶碗。同じ鶴の絵が前後に2ヶ所描かれております。

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

立鶴(たちづる)の絵というのは、江戸幕府第3代将軍徳川家光が、武将でもあり利休七哲の一人としても名高い大名茶人であった細川忠興の喜寿のお祝いの席で立鶴(たちづる)の絵を描いたとされており、デザインとして色々な茶碗に用いられました。 茶碗の色は、黒の中にも茶色や青みがかった色が含まれており、柔らかくて優しい印象。中を覗くと、まるで夜空に浮かぶ星空を眺めているようで、小さな宇宙を感じてしまいます。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

 

あなただけの宇宙をお手元にいかがでしょうか?

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております