next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

arte style Vol.2

 

落葉する鮮やかな色に、心潤うころとなりました。

 

9月より始まりました2ヶ月に一度の喫茶イベント「arte style」を、11月17日(土)18日(日)に開催いたしました。足をお運びいただきましたお客様に、心より御礼申し上げます。

 

11月は、亥の月(旧暦10月)亥の日の亥の刻(午後10時頃)に餅を食べて無病息災を願う古代中国の言い伝えから始まった亥の子餅を食べるという習慣があります。(2018年の亥の日は、11月3日(土)だったようで、すでに過ぎてしまいましたが。)それに因み、京都の鍵甚良房さんの亥の子餅をご用意いたしました。栗や胡麻、銀杏、そしてシャキッとした歯ごたえの柿がとても印象的な鍵甚さんの亥の子餅は、様々な食感を楽しみながら、実り豊かな秋そのものをいただいているようです。

 

抹茶は、金沢の米沢茶店の銘 加陽の白。以前金沢を旅行した際、食事の後にいただいた抹茶がするりと喉を通り飲みやすなと思ったのがきっかけで、何度か取り寄せている抹茶です。この時期、茶の湯では、5月に摘んだ新茶を詰めた茶壺の封を切り、新たなる心持ちで一年が始まるとされる月。普段と違う抹茶を取り寄せて、11月を楽しむのも良いものですね。

 

 

「arte style」は、お家にお友達が遊びに来た時に一服抹茶を点てるように、テーブルでカジュアルに飲んでいただけるイベントです。使用する抹茶茶碗は、300年ほど前から人から人へ伝わってきた古い茶碗。実際に触れることにより、今まで距離を感じていた古いもの、江戸時代、時の流れが身近に感じられます。

 

毎回異なる茶碗をご用意しており、茶碗の情報は、開催月の一ヶ月ほど前にHP「EVENT」及び「SELECTIONS」にて更新いたします。今回見逃したなという方は、是非覗いてみてください。高台や見込みの様子をご覧いただけます。

 

 

次回は、2019年1月を予定しております。
皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております