next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

2020年を振り返って

 

I 2020は、全世界的パンデミックで、緊急事態宣言が発令されたりと、正に思いがけない1年になりました。

 

 

A 地球レベルで人の移動が一気に停止して、環境汚染が急激に改善されたりと、正に思いがけない事の連続でした。

 

 

M 今年は感染拡大防止で、大きなイベントが軒並み中止や延期になりましたが、振り返ってみると、かえって落ち着いて勉強する時間ができたなあと思います

 

 

I「茶碗」にまつわるイベントの在り方も、改めて考えさせられました。本来心静かに少人数で観るものかも知れません。

 

 

A 最近、やきもの好きな方にご案内している「茶碗勉強塾」も軌道に乗ってきました。近くHP上でご案内できるかと思います。

 

 

M 最近、アルテクラシカの特性を知って、自分のスタイルを求めてご来店くださる若い方が増えました。

江戸時代のアンティーク茶碗に特化した店であること。
茶碗のことをきちんと学べる店であること。
様々なことを相談でき、アドバイスが得られる店であること、などなど。

 

 

A 研究者や学芸員の方々からも常に新しい知見を学び、様々な皆様に最善のものをご提供できるよう、来年も頑張りたいですね。

 

 

ブログを読んでくださった皆さま、2020、真にありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

 

 

新年は、1/6(水)よりオープンいたします。
2021年も皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

(I, A, M)

 

 

年末営業日および冬季休業のお知らせ

 

平素は当店をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 

12月年末営業日につきまして、変更がございます。

臨時休業がございますので、ご来店の際はご注意ください。

 

21日(月)定休日
22日(火)臨時休業
23日(水)臨時休業
24日(木)通常営業 12:00〜19:00
25日(金)通常営業 12:00〜19:00

 

– 冬季休業 –
12月26日(土)〜1月5日(火)

 

 

皆さまには、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

新型コロナウィルス感染予防のため、引き続き、感染防止対策を万全にした上で、
以下内容にて営業をさせていただきます。

何卒、ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。

 

【安全管理体制】

・ご予約のお客様優先のご入店となります。
・ご予約のないお客様でも、店内にお客様がいらっしゃらない場合は、ご入店頂けます。
・スタッフは出勤前に検温し体調確認を致します。
・スタッフはマスク着用で接客させて頂きます。
・スタッフは随時うがい手洗いを実施致します。
・店内の定期的なアルコール消毒と常時の換気を慣行いたします。
・来客テーブルにアクリル衝立を設置いたします。

 

【ご来店時のお願い】

・ご来店の際は必ずマスク着用をお願いいたします。
・店舗入口での検温と手指のアルコール消毒にご協力下さい。

 

【ご予約】

ご希望の来店日時をメール(info@arteclassica.jp)もしくは、
お電話(03-3499-6696)にてお知らせください。
なお、ご予約は当日でもお受け致します。
ご不明な点なども、お気軽にお問い合わせください。

 

アルテクラシカ

 

しっかり換気

 

M 12月に入り、アルテクラシカでは、お客様のご来店が増えました。
気になるのは新型コロナウイルスの感染がなかなか収まらないことですね。
Gotoも一時停止になりました。

 

A そんな折、先日店内に、最新型の空気清浄機『Airdog』を導入いたしました!
シリコンバレーで開発された、世界最先端高性能機種。
ウイルスより小さな微粒子もほとんど空中除去するとか。全国の医療機関でも導入されているようですよ。

 

M 換気で凍えずに、綺麗な空気の中、ゆっくりお茶碗をご覧いただけますね。

でもお客様にお入り頂きやすいよう、少しだけドアは開けておきましょうか。(笑)

 

A 最近アルテクラシカで人気の、店主による「茶碗の勉強会」の時も安心ですね。

 

M そうですね、最近、茶碗を見る目を養いたいと思われる方が増えてきて、とても嬉しいですね。

 

A もちろんスタッフの健康管理や店内消毒なども、今まで同様引き続き徹底して営業しましょう!

 

A&M これからも皆様のお越しを、最新かつ万全の体制✨でアルテクラシカ一同、お待ち申し上げます。

 

 

青井戸茶碗 柴田の色

 

茶碗には機嫌のいい時と悪い時がある。
観る側にもご機嫌の時とそうでもない時があり、それゆえ、同じ茶碗でも毎回見るたびに違って見える。

 

開催中の「根津美術館の国宝・重要文化財」展の重文茶碗4点の1つ、
ほの暗い展示室に
引き締まった絶妙のプロポーションで
湯上がりのような淡いピンク色に輝いていたのは
青井戸「柴田」。

 

これが青❓と思わざるを得ないほどの温かいほのかな色で照り輝く。
この色をしあわせ色と呼ばずになんと呼ぶ?!

 

天下人・信長が家臣の柴田勝家に与えたとされるが、
武勇で知られ、鬼柴田との異名もある戦国武将きっての武人に
なんとも端正な茶碗が下賜されたものだ❗
現代は幸せ色に照っているが、灯りもほの暗かったであろう織豊時代、徳川江戸時代と
この茶碗はどんな原景色を眺めて来たのだろうか。

 

先週、Aもブログで書いていたが、
美術館の茶碗は手に取ることはなかなか叶わないけれども
400年以上もの年月を茶碗たちがどう過ごし、何を見てきたのかに
想いを馳せる事はできるし、それこそが茶碗鑑賞の醍醐味の一つかと思う。
何度見ても毎回違う表情を見せる茶碗たち。
勿論、「柴田」も。
改めて、是非ご訪問ください。

 

M

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

雨漏茶碗、現る

 

冬空にめいっぱい手を伸ばす枝々から、季節のうつろいを感じるころとなりました。

 

今回、根津美術館で開催されている「根津美術館の国宝・重要文化財」展へ
堅手茶碗「長崎」に会えることを楽しみに行ったのですが、
なんとも堂々たる雨漏茶碗の姿に、ググッと心を奪われ、しばし見入ってしまいました。

 

ピンホールから入ったシミや入(ニュウ)から沁みたグラデーション、

それらが模様のように感じられ、星に見えたり、鳥に見えたり、様々な景色として目の前に現れ、

ずっと眺めていても飽きない茶碗の表情。
大ぶりでゆったりとした轆轤目、高台も大きく地にしっかりと根ざした安定感が、
力強さをより際立たせているのかもしれません。

 

あくまでも私見ですが、横に並ぶ楚々とした雰囲気の青井戸茶碗「柴田」を凌駕するような、
圧倒的なる存在感。
今まで、雨漏茶碗というとおどろおどろしい感じがして好みではなかったのですが、
とても美しく、古格な中に洗練されたものを感じました。

 

名碗というのは、どうしても手のひらにおさめて、持った感じや重さを記憶してみたいと思うものですね。

 

茶碗のご機嫌もありますが、観る側の心持ちもその時々で異なるので、
やはりリアルで観る醍醐味は、新たなる気づきが沢山あることだな、

と思いつつ根津美術館を後にしました。

 

根津美術館の国宝・重要文化財」展は、12月20日(日)まで開催されています。

 

(A)

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております