next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

木に想う

どんよりとした曇天の中、ふと目にする紫陽花の鮮やかな色に、心潤うころとなりました。

アルテクラシカ店長の荒木香奈です。

 

現在開催している「Invitation to MATCHA LIFE」で、道具一式を一つにまとめる、重要な役割を担う折敷(おしき)。折敷は、懐石道具のひとつで、飯碗汁碗向付(むこうづけ)を載せる為のお盆です。今回、茶碗や茶器など、載せるものに丸い形が多いので、敢えて方形にしてみようということになり、少し古い折敷をサンプルにして、木工作家川合優さんに作っていただきました。形をそのまま写してもらいましたが、木の使い方や出来上がるまでの過程に川合さんの手の跡が見え、古いものにはない、現代の風を感じる作品となりました。

 

 

「栗ヘギ板折敷」

板を割いた時にできた凸凹を生かしたヘギ板。ヘギの部分がアクセントになり、動きが感じられます。

黒漆を塗ることにより、キリリと締まった、美しい漆仕上げ

抹茶茶碗 Arte Claaasica アルテクラシカ

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

アルテクラシカ Arte Classica アルテクラシカ

 

 

栗の木の柔らかな色合いが優しいオイル仕上げ

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

川合優さんのプロフィール
1979年岐阜県生まれ。京都精華大学建築専攻卒業後、飛騨や京都で修行を積み、木工の道へ進む。岐阜県美濃加茂市にアトリエを構え、各地で展示会を開く傍ら、針葉樹の魅力を伝えるレーベル『soma』を主宰。

 

「Invitation to MATCHA LIFE」は、6月19日(日)まで開催しております。

お近くにいらした際は、是非お立ち寄り下さい。心よりお待ちしております。

 

 

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております