next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

井上馨の「もらっておく」

幕末、明治維新。
激動の時代を見事に勝ち抜き、
有史に名を刻んだ人物の一人、井上馨。
第一次伊藤内閣で初代外務大臣に就任する他、官要職を歴任。
一方で三井物産創設、日本郵船誕生に関与する等、
政官財界に絶大なる存在感を示した。
西郷隆盛、大久保利通、伊藤博文ら、維新の名士たちが次々と志半ばで世を去る中、
79歳まで生き延び、侯爵にまで上りつめている。

歴史の教科書にも登場するこの方だが、実は熱心な美術コレクターでもあった事、
ご存じであろうか?
聞くところによると、茶会に招かれた先で気に入った茶碗や掛物を一方的に「もらっておく」
と言っては強奪したらしい。
持ち主は権力者である井上に逆らえず、泣き寝入りするしかなかったと言う。

ここに面白いエピソードがある。
この話を聞いた明治天皇が井上の茶会に行幸し、「もらっておく」と言い出して井上を狼狽させ、横暴をたしなめたらしい(笑)。
井上のコレクションは明治期に成立した中では最大規模の個人コレクションであった。
大正14年に行われた井上侯爵家御所蔵品入札には『御所丸茶碗 銘夕陽(現 藤田美術館)』等、
現在各美術館の顔になっている優品が多数出品され、高額落札が目白押しの売立になった。
そのコレクションに含まれていた、見事な「トトヤの平」の話が次回の話😝。

 

(I)

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております