next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

高麗茶碗展に想う

 

何度か足を運んだ「高麗茶碗」展(三井記念美術館)へ最後の見納めに行ってきました。

お客様から「茶碗達に、感動をありがとうの御礼を伝えに行きませんか?」というお誘いがあり、

ものに対する愛情と敬意を深く感じ、忘れてはいけない心持ちだなと思いつつ、

二つ返事でご一緒しました。

 

お客様も何度か展覧会をご覧になっているので、

展示されている茶碗について感じたことや美しいと思ったことを分かち合いながら鑑賞。

 

茶碗達へ楽しませていただき、ありがとうございます、

と心の中でお礼を伝えつつ、あらためてお気に入りの茶碗の前で、じっくりと観察。

やっぱり美しい。この間観た時よりも、更に心惹かれる表情をしているなと。

茶碗達は会期も最後となり、随分とお疲れかなと思っていましたが、

いやいや、ご機嫌麗しい感じで、沢山の人々に見られることによって輝きが増しているのか、

晴れ晴れと見えました。

 

二人でやきもの談義をしながら観るのは、一人で観る時とまた異なる気付きが沢山ありました。

お互いに好きだからこそ、深読みし、あれやこれやと想いを馳せる。

それを楽しいねと分かち合うことで、頭の中に鮮やかな記憶として残るものなのかなと思います。

 

今回展示されている茶碗の気付きをアルテクラシカに持ち帰り、「高麗茶碗」(中央公論社)の本で復習する今日この頃です。

 

A

 

 

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております