next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

金で継いだ美しさ

 

先日、先人たちの愛を感じずにはいられない、
それはそれは美しい金継ぎの古唐津茶碗が入荷しました。

 

金を継いだ箇所は、まるで稲妻のように大胆で美しく力強い線、
よくよく見ると、一箇所呼び継ぎが施されています。
呼び継ぎとは、欠けた部分に全く別の器の破片を使って継ぐこと。

 

よくぞぴったりの大きさやカーブ、厚みの片割れを探してくるものだな、
とその持ち主の並々ならぬ深い思い入れを感じます。
見た目では全然分からない感じですが、茶碗の縁を指ではさんでぐるっと触ってみると、
呼び継ぎ部分が若干ぷっくりとする。
その継いであるという違和感がたまらなく愛おしい。

 

継ぎがあるからこそ、見えてくる景色も楽しめます。
店内に入る、午後のやわらかな陽の光や、夕暮れ時のグレイッシュな光の中で見る
金継ぎの茶碗は色々な表情を見せてくれます。

 

呼び継ぎを考えた先人の素晴らしい知恵とちょっとした遊び心、
そして、完全ではないものに美を見出す日本人の美意識を改めて掌のなかの茶碗から感じます。

 

そんな心豊かになる茶碗ともども、アルテクラシカにてお待ちしております。

 

A

 

Arte Classica アルテクラシカ 抹茶茶碗

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております