next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

”その箱”の中身は何か?

 

皆様こんにちは!アルテクラシカの新人Mです。
気分も新たに今年もスタートし、一同フレッシュな気持ちで茶碗と向き合う今月です。

 

さて私事ですが数年前から月に1度、歴史の勉強会に通っています。
講義くださる先生が驚くほどの情熱を持って、地球の誕生から現代までを1クール4−5年もかけてお話しくださるという大変面白くてタメになる会なので、歴史に疎い私にも続いています。
話はあるとあらゆる方向に飛びまくり、先生は5時間喋りっぱなし。毎回アッという間な、私にとっては知的好奇心刺激されまくりの1日。

 

 

そこで私が徐々に理解をしてきたことは、歴史は勝者、つまり当時の権力者によって書かれるということ。
つまりその人物や国家に都合の良いことが歴史として残されていくのですが、丹念に史料の読み込みや科学的検証を積み重ねていくと徐々に真実またはそれに迫る事象が浮かび上がり、過去のことが光や影を伴って非常に立体的に浮かび上がってまいります。
つまり歴史を学ぶということは、教科書参考書にあることを丸呑みにして暗記する勉強なのではなく、事実を見て「自分のアタマで考えてみなさい!」ということなのだという当たり前のことをこの歳になってハッと理解をした、ということなのであります。

 

 

翻ってアルテクラシカでは、昨年から店主Iの号令で、感性のみで茶碗そのものと向き合う練習をお客様も一緒にしています。
茶碗の箱に何が書かれ、中身は何なのか?
何百年の間に、似ている茶碗の違う箱と間違えて入れ替ってしまったものだって無いとは言えませんよね〜。
そんなとき、やっぱり自分の感性ちゃんと持っておかないと、です!

 

 

しかしながら、茶碗そのものが本当に“良い”ものであるのか。
価格は正当なのか。
そんなことまでお店にいらしてくださる皆様が心配しなくて良いように、それは長年のプロフェッショナルである店主と店の責任です。
そこは安心して、アルテクラシカではお好きな茶碗、素敵だと思われる茶碗に心おきなく向き合ってくださいませ❤️。

 

キチンと自分の眼で見て自分のアタマで考える訓練、今年も続けて行きたいと思います。

 

M

 

 

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております