– 黒唐津沓茶碗(くろからつくつちゃわん) –

口作りが緩やかなカーブを描く沓形(くつがた)と呼ばれる、典型的な織部スタイル。 高台は割に整然としているが、土味柔らかく釉飛びがアクセントになって表情豊か。黒唐津でこのタイプは珍しい。胴側面の釉落ちも見所として見逃せない。