next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

36人の侍

 

今からちょうど100年前。
1919年の暮れも押し迫った師走20日。
日本美術史上に燦然と輝く大事件は起きた。
秋田佐竹家に長きに渡り秘蔵されていた、佐竹本三十六歌仙絵巻の分割である。
この離れ離れとなった三十六歌仙絵が、過去最多規模で、
今秋、京博に集結している。
佐竹本と言えば、古美術商にとっても雲の上の特別な存在。
正直、「扱う事もないだろうが、一応見ておくか」、くらいの軽い気持ちで赴いた。
が、しかし、集結して束になった佐竹本は半端なかった。
過去に単体で見た事はあったのだが、集結する事によってただならぬオーラで迫ってきたのである。
分かっていなかった自分を恥じ、そして無性に感動した。
「こんなに凄い物が秋田の地に眠っていたのか!1人で買いきれないなら、分割してでも海外流出を防ぐのだ」と
100年前に鈍翁を奮い立たせた何かが伝わってきた。
そして、分割された三十六歌仙への各持ち手の思いが、各々の好み表装という鏡に写されている。
心を打たれるエピソードがある。
住友家15代当主春翠は、各持ち手が様々な趣向を凝らして披露茶会を試みたのを横目に、生涯ただの一度も茶会で使う事はなかったと言う。勿論、門外不出。今も住友家を離れていない。
佐竹本の一角を担う役目への並々ならぬ覚悟と敬意が感じられ、美術品に向き合うその姿勢は、ただただ美しい。
今回の展覧会では、歌仙絵それ自身の素晴らしさを楽しむのは勿論だが、
同時に、長きに渡り秘蔵された国の宝を、力を合わせて後世に繋がんとした36人の侍たちの物語としても味わうべきだ。
レベルは違えど、後世への繋ぎ役と言う、古美術商の本懐を思い知らされ、背筋が伸びる。

 

11/24まであと僅か。
決して見逃すなかれ。

 

(I)

 

 

桃山にしびれた

 

やきもの好きにとって特に忙しい、2019年の秋。

 

サントリー美術館の「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶」展は、

以前ブログ「躍動する美濃に想う」でご紹介しましたが、

その後何度も足を運び、桃山の圧倒的なる美しさに浸っています。

 

回を重ねるごとにじわじわと魅力が伝わってくるもの、

始めにいいなと思ったものは色褪せず輝きを増しているものなど、
第一印象でどう思うか、自分の感覚を大切にしつつ鑑賞することで、
面白いくらいに美術品と向き合った時に心が敏感に反応するのが分かるようになりました。

 

 

そんな心躍る展覧会も、名残惜しい限りですが、11月10日(日)で終了となります。

 

最後の見納めに、もう一度行こうと思います。
桃山にしびれた、という記憶をきちんと心のうちに残すためにも。

 

皆さんも、是非サントリー美術館へしびれに行ってみてください。

 

アルテクラシカは、明日11月4日(月)祝日のため営業しております。

茶碗ともども、心よりお待ちしております。

 

A

 

センスを研きたい

 

 

こんにちは!
アルテクラシカ新人のMです。

 

先日の店主のブログ『センスを研け』お読みになりましたか?

 

実はあの後、「センスを研けツアーbyアルテクラシカ」を三井記念美術館の高麗茶碗展で行い、10数名の方が参加くださいました。

 

店主のブログに書いてある通り、作品のキャプションは我慢して見ずにただただ作品のみを見まくります。

好きか、嫌いか。
気になるか、ならないか。
だだそれのみの勝負!

 

①最初の一周は10分で全作品をザーッと見る。
②二周目は一周目で気になったもののみをじっくり見る。
③そして三周目ではその作品のキャプションも読みながらさらにじっくり見る。

 

参加者は私も含めこんな展覧会の見方をしたのは初めてです。

 

そしてその後、場所を変えそれぞれの感想を述べ合いました。
その人なりの非常にユニークな、借り物ではない意見が刺激的なこと!

 

こうする以外本物を見る目は身につきません、と店主断言。
ちなみに店主は西洋画の展覧会へ行くとキャプションどころか絵のタイトルも見ず、自分で絵にタイトルをつけるそうです。
すごく見えてきますよ、とのこと。

 

そして私はキャプションを読むとなんだか分かった気になって、物自体をしっかり見ていなかったことに気付いてしまいました。
今まで作品をちゃんと見ていたつもりでしたが、このセンス研き方式は、もっともっと自分の感覚が研ぎ澄まされるのを感じました。
衝撃的な経験でした。
何よりとても楽しかった。

 

こうやって展覧会で見るものは優品が多いですが、日常ではそうばかりとも限りません。
いつでも自分と物との一対一の勝負です。

 

初心者の私でも、必ずや見えてくる日がくるとの店主の言葉を信じ、今日もキャプションなしの展覧会へと行ってきます。

 

皆さまのセンス研きもぜひ感想をお聞かせください。
きっと楽しい体験になること、間違いなしですよ。

 

今日もアルテクラシカでお待ちしております。

 

M

 

 

日本に渡ってきた宝物

 

先日、東京国立博物館で開催されている「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」展へ行ってきました。

 

奈良時代、シルクロードを通って日本にやってきた数々の宝物たち。
当時、胡人(イラン系商人)の存在感はとてつもなく大きく、東西の貿易の中枢を担っていたことを美術品から感じるとともに、陸路や海路を通じて様々な国々の美しいものを日本へもたらした国際色豊かな奈良時代を辿れる美術品から、日本人の異文化を受け入れる器の大きさを改めて感じました。

 

以前ブログでご紹介した、サントリー美術館で開催されている「桃山の茶陶」展三井記念美術館で開催されている「高麗茶碗」展のやきものは、アルテクラシカで扱っている茶碗と同じ、大体1600年代から1700年台くらいのものたち。それを優に遡ること1000年前に海を渡ってきた正倉院の宝物は、時の権力者たちにとっても特別の存在だったようです。

 

それぞれの時代背景や社会構造が異なるので、比べることは出来ないですが、奈良時代は大陸から多くのものを吸収し、桃山時代は中国や朝鮮、南蛮を通して、様々な文化や習慣を取り入れていった。
島国ゆえに海を渡ってきたものに対する憧れと、異国文化を取り入れる多様性があったからこそ、日本人独自の観点が生まれたんだなと、3つの展覧会を回って改めてつくづく感じたことでした。

 

昔から異なる価値観を共有しつつ独自にアレンジしてきた逞しさを、美術品から辿るのも楽しいものです。

 

正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」展は、11月24日(日)までです。

 

A

Arte Classica アルテクラシカ 抹茶茶碗

茶碗の機嫌

古美術の茶碗に機嫌の良し悪しがあるのをご存知だろうか?
茶碗の機嫌❓❓❓
こんな話をするといよいよ茶碗好きが高じて宗教がかってきたかと思う輩もいらっしゃるかもだが、

本当の話だ(笑)
私のようにほぼ毎日幾つかの迷碗(?)に囲まれて過ごしている者が言うのだから、間違いない。
機嫌の悪い日はちっとも良く見えないのだ。
で、その根拠だが、それは茶碗が人間のコントロールを越えて火を潜る、というプロセスを経て生まれてくる事に起因する、と思われる。
火を潜り、魂が宿り、人格が生まれ、機嫌の良し悪しが発生する、と言う仕組みだ。

 

先日訪れた三井記念美術館での高麗茶碗展でも
大いにそれを感じさせる場面に遭遇した。
例えば、最も機嫌の悪い茶碗は、東博所蔵の有楽井戸だ。
数年前の根津美術館での井戸茶碗展ではすこぶる上機嫌だった。
古より語られし大井戸の中での地位を、
他の大井戸と同時に並ぶ事で改めて世に知らしめたからであろう。
比して、この度はかなりご機嫌ナナメだ。
理由は以下の二つが考えられる。
先ず一つは、単純に疲労困憊状態である事。
長年スポットライトを浴びるばかりで、大好きなお湯にずっと浸かっていない。
茶碗は使われてこそ、の陶磁器。
東博に寄贈した耳庵翁も、日に日にカサカサになって行く姿を見て、
心を痛めていたと聞く。
そして、不機嫌の決定打と思われる二つ目は、
アナザー有楽(!)が古林清茂とセットで、如庵写しの部屋に展示されている事だ。
有楽井戸って言うのは俺の事だろ、と御冠だ(笑)。
逆にすこぶる上機嫌な茶碗もある。
三井家伝来の御所丸黒刷毛だ。
数少ない黒刷毛中でも勿論俺様がナンバーワンだとばかりの堂々たるオーラ出しまくりだ。

 

てな訳で、
皆々様も、感性を研ぎ澄まして茶碗様のご機嫌にお気付きあれ。

 

(I)

 

 

発信奥手の店主

 

よく「良い買い物をした」と言いますが、「良い買い物」って一体どんな事でしょうか❓

 

良いものを「安く」買った時に使ってしまいがちなワードですが、
実は「一生お付き合いできる物との出会い」なのではないか?
と思う出来事が最近ありました。。

 

決して決して安い金額ではないけど、
持っていること・使うことで、なんだか日々がキラキラ✨してくる。

 

ある方は、「自分の格が上がって行く気がする」とも。

 

「良い買い物」って、月日を重ねるにつれ輝きが増していく体験なのかもしれないです。

 

逆を考えたらすぐ分かります。
悪い買い物って、ひどいものを高く買ったり、
または安物買いの銭失いっていうのも後悔しますよね。

 

By the way

 

先日アルテクラシカ店主Iより、ご来店のお客様で店に興味をお持ちくださった方に差し上げるよう、

雑誌penのコピーを渡されました。
店主が今年2月に取材を受けて書かれた記事なんですが、読んでみたらこれがおもしろい!
古美術ビギナーの私にも分かりやすいし、
まだ半年の私が身をもって感じたことがちゃんと書かれています。

 

「これ、掲載されたこと告知したんですか?」と聞きましたら「いや、特に」と素っ気ない。
なんで告知しないんですか!!
・・・と言うわけで、まだ店に若干の在庫ありです。
ご興味おありの方に差し上げておりますので、なくならないうちにぜひご来店下さい。笑

 

今日もアルテクラシカでみなさまのお越しをお待ちしております。

 

M

Arte Classica アルテクラシカ 抹茶茶碗

センスを研き中

 

先日ブログで店主Iが、センスの研き方について説いていましたが、
私も三井記念美術館の「高麗茶碗」展へ行き、早速実践してきました。

 

自分の感性に素直に、なるべくキャプションを見ずに茶碗を見る、ひたすら見る。
一周目に、いいなと思った茶碗をチェック。
さらに二周目、初めに良かったと思っていたけれど色褪せていくもの、新たに目に止まったものが出てくる。三周目には、第一印象から気に入った茶碗をさらによく観察する。
よくよく観察すると、釉薬のとろんとした熔け具合や形の複雑さ、本では汲み取りにくい景色が見えてきて、より美しさを味わう。

 

感性の声を聞きながら鑑賞するのは、まさにその感覚を味わうことにつながるんだなと感じました。
そして、今まで他の展覧会で美しくエレガントだなと思った茶碗を、改めて今回もいいなと感じ、揺るがず変わらない好みがあることに気付きました。
それを思い返していくと、こういう表情のものが好きなんだと自分なりの好みが見えてきます。

 

これだと思ったものは、より味わい尽くし堪能する。最後にはため息しか出ない。
すごい。いい意味での作為を感じるおしゃれな茶碗を注文した人、それを作った陶工。

そして、大切に愛玩され現在まで伝世していることに。

 

そんな不変的なデザインの茶碗達が一堂に並ぶ展覧会は、何度も足を運び、センスを研ける場。

皆さんも、感性に響く鑑賞法で自分の好みを研いてみてください。
さらに美術品が身近になることでしょう。

 

(A)

Arte Classica アルテクラシカ 抹茶茶碗

美味しい器

 

BSの人気番組・「早川光の最高に旨い寿司」でおなじみの著述家、早川光先生をお招きしてのトークショーが、過日10月4日18時から東京美術倶楽部のアートフェアイベントで行われました。
早川先生は寿司通で有名ですが、『私は利休』などの漫画の原作も手がけ、知る人ぞ知る古美術陶器のコレクターでもあります。

 

トークショーはアルテクラシカ店主のIが司会進行を務め、面白い話をたくさん伺いました。

 

歴史的にお茶というのは戦国時代に大名や武士たちの間で広まり、
当時は主に唐物(中国渡来)の道具が珍重され使われたもの。
それが徳川の時代になると豊かな町人たちの間にもさらに茶の湯は広まり、
武家社会で大名たちが使っていたものとは違うやきものや食器が使われるようになったそうで、

早川先生の見解では、武士たちが本膳料理で用いていた器と、町人たちの懐石料理の器が混在したのではないかという、そんな中での、懐石の ”刺身皿” としての向付の話でした。

 

茶の湯、とか懐石、となると話は小難しくなるけれど、
要は爆発的に人の心をつかんだ陶器が当時あり、
それが時を経て現代においても、用の美として非常に素晴らしい優れたものである、というお話でした。

 

数百年前に作られた古くて良いもの。美しいもの。
それが今も手に取れる。
しかも、向付も茶碗も名店などでは器として実用に用い、料理やお茶を美しく、また美味しくしている。。。

 

 

早川先生の冒頭の言葉、
「花入も向付も同じです。花入は花を生けてこそ。向付は料理を盛ってこそ。」
そんな風に、存在だけを主張せずに、何かを足した時に完成するもの、という考えが非常に日本的な気がしますね。

 

もっともっと聞いていたい、充実の楽しいトークショーでした。
早川先生、ありがとうございました。

 

ちなみに現在連載中の早川光先生原作の漫画、「茶の湯の時間」(ヤングジャンプコミックス)にはアルテクラシカも登場しています。
ぜひお読みください♪

 

 

M

 

 

センスを研け

「センスを研け」

 

美術業界に入った時に最初に師匠から授かったお言葉だ。
センスを研く❓❓❓
何てありきたりな…と思ったものだが、
今日、これに勝る的を得たアドバイスはない。
なぜなら、センスこそが美術品目利きの芯であるに違いないからだ。
では、センスはどうやって研いたら良いのだろうか?
思うに、その最短の道は「センスの良い物に触れる」事だと思われる。
そんなセンスを研くための絶好の展覧会が始まった。

 

三井記念美術館での「高麗茶碗展」。茶碗だけの展示だ。
高麗茶碗に特化した展示は意外にも関東では初めてらしい。
先日訪問した印象だが、
茶碗と茶碗の距離感が絶妙で、とても見易く、
結構な数を見ているはずなのに、全く疲労感がない。
加えて、配置が生い立ち分類されていて、学術的にも分かり易い。
内容は、いわゆる名品だけでなく、隠れた個人蔵の優品が数多く出展。
既存価値観に頼らない、主催者側の強い意気込みが感じられる。

 

今回は展覧会を通じてセンスを研く、私なりのオススメ鑑賞方法をご提案したい。
先ず、入口で受け取った展示作品リストを片手に、
見た目で気に入った作品番号にだけチェックを入れながら、
一切キャプションを読まずに一周しよう。
キャプションを見ない我慢が肝要だ。
次に今度はチェックを入れた作品だけを、同様にキャプションを見ずにじっくり見ながら2周目。
最後にチェックを入れた作品を必要に応じてキャプションを見ながら3周目。
厳選された作品を見る事によってセンスを研きながら、
既成概念を排除して自分の感性に素直になり、感度を上げる。

 

この方法で今までとは違った感覚が呼び起こされる事を
必ずやご体験頂ける事と思う。

 

三井記念美術館を訪問して、是非ともお試しあれ。

 

(I)

茶碗の印象

 

現在三井記念美術館で「高麗茶碗展」が開催されているのに合わせて、店内の茶碗も入れ替えをしました。新たにお目見えする茶碗や、しばらく眠っていた茶碗などなど。久しぶりに出す茶碗は、以前覚えていた印象と異なり新たな気づきがあったりと、じっくりと向き合いながら観察する時間がたまらなく好きです。

 

茶碗の見どころは、見込みと高台と言われますが、持った時の手取り(重さ)も醍醐味の一つ。持った時にふわっと軽いなと思ったら、それは見た目の印象と手で感じた重さに差異があるからこそ感じること。

 

注文で作られた古い茶碗はおそらく手取りも細かく管理されていたのではないかなと思うくらい、見た目との違和感がなく、茶碗に程よい加減の重さ。茶碗の種類にもよりますが、注文の時代のもので大体300g台が多いです。

 

自然に培った手取りの記憶が、ものの真贋の目安へも通じるということを、お店に並ぶ茶碗たちに触れることで覚えたこと。

 

茶碗をお湯に通しながら、日々勉強です。

 

青山散歩の際には、是非お立ち寄りください。
茶碗ともども、心よりお待ちしております。

 

A

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

江戸時代の茶碗セレクトショップ|アルテクラシカ

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております