next
Arte Classica by Ishiguro Gallery

時代を超えた感覚

 

ぎゅっと詰まった夏の思い出を引き出しに収めて、待ち遠しかった秋を想うころとなりました。

 

 

先日、ある若手陶芸家が対談する番組を観ていました。
その作家は、陶芸の枠を超える造形とカラフルでポップな色彩を表現する釉薬で、世界中から注目される陶芸家。なぜ今の作風が生まれたのか、作品や素材についてなど色々とお話を伺ううち、番組を通して、なるほど、と腑に落ちるところがありました。

 

 

ビジュアル的に斬新で今までにないものを作ろうと強く意識されているのかなと思いきや、作品は自然な流れで生まれたとのことでした。
「現代は、西洋式の椅子に座り洋服を着る生活スタイルへと変化し、自ずと人の手から生み出される色や形が変わって当たり前のもの。伝統的な感覚は、追究するべきだけれど、人間が本能的に感じる何かを現代なりに表現したい。」と。

 

 

そんな言葉を聞いて、やはり美術品はその時代時代の空気感を表すものなんだなと改めて思いました。
よくお客様に、「桃山のやきものが未だに作り手や使い手を魅了するのは、現代にはない、その当時の生と死が背中合わせの緊張感や何かが動く変革期ならではの強力なエネルギーが凝縮されているからではないか。また、当時の陶工が見ていた風景や自然物に囲まれた生活と、コンクリートなど人工物に囲まれた現代人とでは、やきものに対する捉え方が異なり、同じ人間の手から生み出される色や形は自ずと異なってくるものでは。」などとお話しをすることがあります。

 

 

まさに、現代の作り手が同じようなことをおっしゃっていたので、大きく頷いてしまいました。

 

 

アルテクラシカに並ぶ茶碗たちは、どんな景色を見ていたのでしょう。

(23日秋分の日は、祝日なので営業しております。)

 

A

玄鳥去

 

急に朝晩秋らしくなりましたね。

 

前回書きましたが、なかなかに気忙しかった1週間でした。

 

そんな時って、ちょっとしたことがとっても心に沁みます。

 

まだ残暑の茶席で一客一亭。
お月見団子を盛るような高坏の上に、火箸で兎の顔をつけた薯蕷饅頭がこちらを向いて一つ。

 

普段可愛らしいものにあまり興味がないのですが、思わず微笑んでしまいました☺️

 

アルテクラシカのAが京都で芳玉糖を買ってきました。
噛むとシュワっと夏の思い出のような菓子。
ようやく秋が✨
一碗のお茶に、癒されました。

 

この秋の展覧会に少し呼応してアルテクラシカでも茶碗を並べます。
名碗が各展覧会で勢ぞろいするこの秋、アルテクラシカの茶椀も本当に美碗揃いです!

 

アルテクラシカで気持ちを込めて皆様をお待ちしています。
美術展巡りの最後にぜひお立ち寄りください。

(祝日の際は月曜日も営業しています!)

 

M

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

 

September 2019 Calendar

 

平素は当店をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 

さて、アルテクラシカは、本年度2019年4月1日より、定休日を(月)(木)、(月)(木)が祝日の場合は営業、翌日を休業日とさせていただいております。

 

9月の休業日は下記となります。

 

誠に勝手ながら、9月10日(火)は臨時休業とさせていただきます。

 

皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

【夏季休業】8/26日(月)〜9/6(金)

【定休日】9/9(月)・12(木)・17(火)・19(木)・24(火)・26(木)・30(月)

【臨時休業】9/10(火)

 

抹茶茶碗 Arte Classica アルテクラシカ

Arte Classica | アルテクラシカ。江戸時代及び現代作家の抹茶茶碗を扱う店。

アルテクラシカは、古美術商石黒ギャラリーが根津美術館の向かい側にオープンした、江戸時代(古美術)及び、現代作家の抹茶茶碗を扱うお店です。併せて、現代の生活空間で抹茶を楽しむための、新しいスタイルの茶器・茶筅・柄杓等の取り扱いもしております